食生活が原因の病気|腸閉塞の原因と種類を見る|発覚したら迅速な処置が必要

腸閉塞の原因と種類を見る|発覚したら迅速な処置が必要

食生活が原因の病気

看護師

血液中の脂質が増えると発症

あらゆる病気の中でも、普段の食生活が原因となって発症するのが生活習慣病です。生活習慣病にもいくつか種類がありますが、特にコレステロール値が高くなることによって発症するのが高脂血症と呼ばれるものです。この病気は、血液中に含まれる脂質の量がかなり増えることによって発症する病気ですが、食の欧米化が進む国内では年代関係なく患者が多い病気とも言われています。高脂血症は、一方では脂質異常症とも言われています。高脂血症の場合、初期症状があまり無い為健康診断や人間ドックの時に気付く場合が多く、気付くのが遅いと動脈硬化を招く危険性もあるので注意が必要です。動脈硬化になると、場合によっては死に至る危険性もあるので、日頃から食生活が乱れている人は注意しておくのが良いでしょう。

サイレント・キラー

病気のほとんどは初期症状によって病気にかかっていることに気付きますが、高脂血症の場合その初期症状がほとんど無いのが怖いところです。症状があまり出ない分、気付かないまま普段の生活習慣を続け、急性の脳梗塞や動脈硬化で倒れてしまうという人もいるのです。高脂血症は症状は出ませんが、食事や代謝異常などが原因ということははっきりしています。その為、こうした食事や運動などの生活習慣に気を付けておけば未然に防ぐことができる病気でもあるのです。高脂血症と診断された時には他の生活習慣病も併発していたということが無いように、普段から生活習慣を正しておくのが良いでしょう。