初期段階で発見する|腸閉塞の原因と種類を見る|発覚したら迅速な処置が必要

腸閉塞の原因と種類を見る|発覚したら迅速な処置が必要

初期段階で発見する

病院

尿に症状が出る

身体の中でも、老廃物を体外へと排出する役割を担っているのが腎臓で、身体の健康を維持する為にも欠かすことができない臓器と言えるでしょう。腎臓が健康的に働くことによって、体内の水分や電解質を調整することができます。他にも、血圧やホルモンの調整、赤血球生成のサポートなど、腎臓は様々な役割を担っているのです。現在では、こうした腎臓に病気を抱える人が多くなってきており、主に食生活が原因と言われています。腎臓病にかかると、まずは尿に症状が現れ、濁った尿になっている人や血尿が出ている人は注意が必要です。特に血尿の場合、腎臓病だけでなく大腸がんなど他の病気の症状でもあるので早期に病院で診察してもらうのが良いでしょう。

他の症状

腎臓病のわかりやすい症状としては尿の変化がありますが、他にも身体がむくみやすくなっている人やトイレが近くなったという人も腎臓病の可能性があります。身体のむくみは、腎臓機能が低下していることの現れでもあります。いつもつけていた指輪がなかなか入らないという人や、手足のむくみが長いこと続いているという人は注意が必要でしょう。トイレが近くなるという症状は、冬の時期や中高年になると自然現象として起こり得ることでもありますが、基本的に1年通してトイレの回数が3回から10回であれば問題無いと言われています。時期関係なくそれ以上の回数トイレに行く人は腎臓病の可能性を考えて検査をするのが良いでしょう。